日本の老舗バッグブランド「HERGOPOCH(エルゴポック)」について紹介します

HERGOPOCH(エルゴポック):Glazeシリーズ

2010年に発売開始となったHERGOPOCH(エルゴポック)のGlaze(グレイズ)シリーズ。
現在では定番の人気シリーズとなっておりアイテムも数多く発表されています。

このシリーズは、ベジタブルタンニン鞣しとクロム鞣しで仕上げた、グレイズドレザーと名づけられた革を使用しています。
ベジタブルタンニン鞣しの革は硬くて丈夫、ハリやコシもしっかりとある革になるという特徴があります。
(さらに…)

HERGOPOCH(エルゴポック) | 08月22日更新

HERGOPOCH(エルゴポック)の歴史

1960年創立の株式会社キヨモトが、2005年にリリースした革製品ブランドHERGOPOCH(エルゴポック)。
キヨモトは鞄のOEM(Original Equipmebtnt Manufacturing)を手掛けるメーカーとして、50年以上革製品を取り扱ってきました。
大規模な工場を国内外に持ち、コストパフォーマンスのよい製品を世に送り出してきました。
そんなキヨモトが、長年培ってきたノウハウを注ぎ込んで“新しい時代”のプロジェクトとして立ち上げたのがHERGOPOCHです。
(さらに…)

HERGOPOCH(エルゴポック) | 07月25日更新

HERGOPOCH(エルゴポック)オリジナル素材「プライムグレインレザー」

シボ革本来のナチュラルな質感を持つプライムグレインレザー。
HERGOPOCH(エルゴポック)オリジナル素材「プライムグレインレザー」は天然の大きめなシボを残し、オイルをたっぷり染み込ませ、柔らかに仕上げてあります。
(さらに…)

HERGOPOCH(エルゴポック) | 06月13日更新

HERGOPOCH(エルゴポック)のこだわり

HERGOPOCH(エルゴポック)の定番商品に使われる革はすべて国内で作られています。
鞣しから染色まで自社開発した製法にて作られるオリジナルの革素材は、国内屈指のターナーのもと行われています。
その革素材から裁断・パーツの加工から縫製・仕上げまでは都心から3時間程のところにある工房でHERGOPOCHの製品は作られています。

HERGOPOCHではメイドインジャパンにこだわっています。
ただ、それはブランドイメージが良くなるから、という訳ではありません。
確かな技術力を追求した結果、日本の職人の手による熟練の技術力とクラフツマンシップにたどり着いただけのことなのです。 (さらに…)

HERGOPOCH(エルゴポック) | 05月31日更新

HERGOPOCH(エルゴポック)について

2005年に立ち上げられた革製品ブランド、HERGOPOCH(エルゴポック)。
「HERGOPOCH(エルゴポック)」の意味は「エルゴノミクス(人間工学)」と「エポック(創世、起点)」です。
独創性のあるデザインは使いやすく、多彩なバリエーションは、現代の多様なライフスタイルの中にいる人々がそれぞれ自分に合った物を探す楽しみを与えてくれます。

国内生産にこだわって作られる高品質の革製品は、丈夫で使い込むほどに革ならではの味わいが出てきます。
そして、それが数ある中から自分で選びぬいたアイテムとなれば、愛着もひとしおです。
HERGOPOCHの製品はコストパフォーマンスにも優れています。
革を使い、縫い目1つまで乱れのない高い技術で作られているにもかかわらず、高級と言われるブランドよりずっと低い価格帯です。
商品と価格はこちらのサイトに掲載されています。
メンズバッグ通販TORATO / HERGOPOCH(エルゴポック)

(さらに…)

HERGOPOCH(エルゴポック) | 05月14日更新